昭和町寺院墓地にて、上下蓮華で高級感あるインド産M10の和型墓石を建立。堅牢な基礎、耐震施工で安心のお墓

ホームページをご覧いただきありがとうございます。甲府市を中心にお墓のお仕事をさせていただいております、多田石材店の多田です。昭和町のお寺様墓地にて、インド産M10のお墓を建立させていただきましたので、ご紹介いたします。

 


【昭和町寺院墓地 新規墓石工事 インド産M10】

 

知人からの紹介で、お墓の建立をご希望のお客様よりご相談いただきました。このたびお父様が亡くなられ、お墓を建てることになったそうです。まずは、現地でお会いしてお話を伺いました。

当初からある程度お考えが決まっていて、和型のお墓であることや、使用する石は濃いめの色をご希望でした。カタログ等も見ていただきながら細かい点も伺って、ご希望の形になるよう作り上げていきました。

 

工事開始です。まずは基礎工事を行います。45cmほど、深めにしっかり掘削しました。

 

掘削したところに砕石を敷いて転圧して地盤を固めたら、木枠を組んで配筋します。最初に行った掘削の深さは、2重に配筋して厚い基礎コンクリートを施工するのに必要な深さです。堅牢な基礎を施工してお客様に長い将来安心してお参りいただけるよう、当社ではこのような2重の配筋を行っています。中央の木枠は、納骨室の下にあたる土のままの部分です。

コンクリートを流し込んだら、しばらく養生して基礎が完成です。

 

基礎が完成し、お墓の据え付けに入ります。印の部分は、コンクリートの表面の一部を X 印のようにはつっている箇所です。これから据え付けるお墓の外柵石の底部にも同じような加工をしていて、モルタルで接着する際にかみ合うようになっています。モルタルが乾いてからも石がずれたりすることを防ぎ、強度が上がります。

 

入り口横の柱(門柱)を据えて、そこにつながる根石を据える準備をしています。2種類の接着剤を使用して、しっかりと接着します。

 

外柵の据え付けが進んでいます。石の接合部に、補強の金具を取り付けました。石と石の接着面は墓石用のボンドで接着したあと、このようなL字のステンレス金具も上下2か所に設置、しっかり固定します。

 

外柵の据え付けが進み、納骨室も完成しました。留め金を付けたりアンカーを打ったりしますので、壁石には十分な厚みを持たせています。大切なご遺骨を末永く守ることのできる、しっかりした強度のある納骨室です。手前に見えている納骨室の底は土のままになっており、将来的にご遺骨を土に還すこともできます。このあとここへ棚石を設置して、納骨室内部は完成です。

 

石塔の据え付けが進み、一番上の棹石をこれから設置します。印はステンレスの心棒です。地震などの際、高さのあるお墓でも、こうした転倒防止の工夫をしていますので安心です。黄色のテープは目地をきれいに入れるためのマスキングテープです。

 

完成です!

門柱の上には置き灯篭も一対設置し、風格と高級感を感じるお墓が完成しました。

 

お石塔です。使用したのは、インド産のM10という黒御影石です。施工の際ゴムハンマーで叩いたときには金属音のような独特の音がする、硬くてしっかりとした重量のある丈夫な石です。今回はご希望で、上下蓮華としました。すっきりした和型のお墓に、高級感と華やかさを添えています。正面のご家名の上には家紋を彫刻しました。

 

納骨室前壁には、蓮の花を彫刻しました。同じような施工例をご覧いただいて、お客様からご希望いただいたものです。色を入れない素彫りですが、彫刻が映えるM10を使用しているので、細かい部分まできれいに見えています。

手前の踏み石は、お客様からお選びいただいた柄ですべり止めを施しました。デザイン面できれいなだけでなく、雨などで濡れても滑りにくく安全です。

 

ボリュームのある門柱の上には墓前灯篭を設置しました。四角い灯篭の笠は、角をわずかに面取りし、安全面に配慮しました。

 

お客様には、「立派にできてよかった!」と大変喜んでいただけました。お墓の仕上がりだけでなく、ご法要に間に合わせることができたことも喜んでいただけたようです。思いのこもった素敵なお墓を、お父様にも気に入っていただけるといいですね。このたびは、当社に工事をお任せいただき、ありがとうございました。何かお困りのことなどございましたら、いつでもお声かけくださいませ。

今回は、お客様が当初からある程度明確にご希望をお持ちでしたので、それに合わせてスムーズにお墓作りを進めていくことができました。ちょうど同じM10で作ったお墓の施工例が近くにあったので、完成後のイメージをしてもらいやすかったことも大きかったと思います。お客様は法事までに完成できるかどうかとても心配されていたのですが、スムーズにお墓作りを進められたこともあって、ご法要に間に合わせることもできました。お客様のご協力にも感謝申し上げます。

お墓の新設に関する記事

●甲府市営つつじが崎霊園にて、インド産Y-1の丘カロート(地上式納骨室)のお墓を建立。細部までこだわった、理想のお墓作りのお手伝い
●桜の花の彫刻が華やかな、インド産M10・アーバングレイの上品な雰囲気の洋型墓石が完成。甲府市内の寺院墓地にて
●甲府市営つつじヶ崎霊園にて、つややかな輝きのインド産M-10のお墓を建立。桜の花の彫刻で、シンプルながらも華やかなお墓
●インド産M-10・アーバングレイ・中国G623の3種の石を使用した、高級感あふれるお墓が完成。北杜市のお寺様墓地にて
●甲斐市お寺様墓地にて、茨城県産真壁小目のお墓を建立。基礎も作り直して施工、富士山を望む南向きのお墓
●上品な色合いの、インド産ベラリグレーの洋型墓石を建立。蓮の花の細かな彫刻、甲府市のお寺様墓地にて
●こだわりを再現した、インド産M1(緑御影石)のお墓を建立。花の彫刻や上品なデザイン、万全の基礎工事。大月市のお寺様墓地にて