ホームページをご覧いただきありがとうございます。甲府市を中心にお墓のお仕事をさせていただいております、多田石材店の多田です。甲斐市お寺様墓地にて、茨城県産真壁小目のお墓を建立いたしましたので、ご紹介いたします。

 

甲斐市お寺様墓地 新設 石塔:茨城県産真壁小目

 

知り合いの方からご紹介いただきました。お墓を建てる予定があって区画をお持ちでしたが、その予定の区画に心配なところがあるというお話で、ご一緒に現地へ確認に向かいました。

 

こちらがご連絡いただいた区画です。右側の奥のコンクリートが開いてしまっているのがわかります。ご連絡いただいた当初は、これが倒れたりしないかどうか、すぐに修理が必要なのかどうかを確認してほしいというご依頼でした。

 

こういった高さのある区画で、確かにこちらから見ると倒れてしまいそうです。ブロック自体もずいぶん古くなっているようでした。

幸い、今すぐに本格的な修理をしなければ傾いて倒れてしまうというほどの状態ではありませんでしたが、それをご報告しても「もしかしたらお隣に倒れてしまうかも…」と心配されているご様子でした。応急処置的にこの部分だけを修理することも可能ですが、将来的にお墓を建てるご予定があるということでしたので、その処置にいくらか費用をかけられるのであれば、囲いだけではなく、この機会にお墓の建立も検討されてはいかがでしょうかとお話をしました。お父様が亡くなられてもうすぐ1周忌を迎えられるタイミングということもあり、ご検討の結果、お墓の建立をお任せいただけることになりました。

工事の工程としては、まずは倒れかけたコンクリートのブロックや基礎を取り外します。そこへ新たな基礎工事をして、耐震施工でお墓の据え付けを行いました。車を停めた場所から距離があったり、途中階段や狭い通路があったりと工事には少し大変なところもありましたが、無事に完成しました。

 

完成したお墓です!

今回お墓を建てるにあたって、通路側にあった入り口を変更しました。「南向きのお墓」にしたいというご希望もあったので、通路側とは反対の小さな階段側から入るお墓になりました。お石塔が富士山の方を向いています。亡くなったお父様も、富士山を望むお墓がいいなとおっしゃっていたそうです。

 

伝統的な和型のお墓です。お石塔に使用した石は、茨城県産の真壁小目という石です。お客様もご自分で調べたりされて、「日本の白い石がいい」とご希望でしたので色々とサンプルをご覧いただいたりしてお選びいただきました。
墓誌や塔婆立てのほかに、墓前灯篭も一対そなえています。当初はシンプルなご提案でしたが、周りのお墓をご覧になったお客様が「柵もつけようかな」とおっしゃって追加したりして、少しずつお客様のご希望を加えていき、じっくりお考えになって打合せを重ねた末に最終的な形が決まりました。

 

入り口側からみるとこのようになっています。傾いていた土台も、しっかり強度を保った基礎を打ち直して、安心してお参りいただけるお墓になりました。

 

通路側はこのようになりました。お墓の背面には建立年月日とお施主様のお名前を彫刻しています。小高い場所なので見晴らしもよく、お父様のご希望でもある、富士山を正面に望みます。

 

こだわって完成したお墓には、とても喜んでいただけました。入り口付近がどのように仕上がるか心配されていたようですが、完成したお墓に実際にお越しになると、問題なくスムーズに出入りすることができたことも喜んでおられました。当初はお墓を建てるご依頼ではなかったものの、お打ち合わせを重ねるうちに設計や彫刻についてもこだわりを持たれて、お父様のためにと一生懸命考えてお墓作りをされているお姿が印象的でした。そうしたお墓作りのお手伝いができましたことを私どももうれしく思っております。

このたびは、当店にお声かけいただきましてありがとうございました。末永く大切にお参りいただけますと幸いです。お困りのことなどございましたら、どうぞお気軽にご連絡ください。

お墓の建立に関する記事

●上品な色合いの、インド産ベラリグレーの洋型墓石を建立。蓮の花の細かな彫刻、甲府市のお寺様墓地にて
●甲府市のお寺様墓地にて、宮城県産磐梯みかげのお墓を建てさせていただきました。青みがかった繊細な色合いが美しい、柔らかな印象のお墓
●こだわりを再現した、インド産M1(緑御影石)のお墓を建立。花の彫刻や上品なデザイン、万全の基礎工事。大月市のお寺様墓地にて
●昭和町のお寺様墓地にて、つややかな輝きのインド産M-10(濃グレー)のお墓が完成。しっかりとした基礎工事と耐震施工。
●甲府市にて、思い出深い富士山の彫刻を施した素敵なお墓が完成しました。南アフリカ産インパラブルー黒御影とインド産アーバングレー