ホームページをご覧いただきありがとうございます。甲府市を中心にお墓のお仕事をさせていただいております、多田石材店の多田です。今回は甲府市にて、南アフリカ産インパラブルー黒御影とインド産アーバングレーで、思い出のつまった素敵なお墓が完成しましたので、ご紹介いたします!

 

【完成したお墓です】

今回は、お世話になっているお寺のご住職様からのご紹介です。「資料を送ってもらえませんか」というお問い合わせをいただいて、当店のカタログ等を郵送で送らせていただきました。

他の石屋さんの話も聞かれたそうですが、お送りしたカタログにあったお墓の文字や花の彫刻を気に入って再度ご連絡くださいました。詳しくお話をさせていただくことになって、お客様のお子様方もご一緒にご相談にきてくださり、ご希望をうかがったりお見積もりを差し上げたりとお打ち合わせを重ねていきました。

それでは、工事開始です!

 

基礎工事が始まりました。50~60cm土を掘り下げて、砕石を厚めに敷いて、しっかりと転圧しています。

 

コンクリートを流す準備です。お墓の面積にもよりますが、必ず2、30cmのピッチで配金します。当店では、特別な場合を除いて常に2重の配金で施工しますので、基礎の厚みは30cm程度のしっかりとした厚みがあります。

 

これからコンクリートを流し入れます。真ん中の板は作業のための道板で、周りのお墓にコンクリートが飛びはねてしまわないように、しっかりと養生して作業します。

 

基礎の完成です。基礎工事の際は、基礎の高さや、お墓の石材の配置の位置決めなど、注意を払って作業します。印の穴は水抜き穴で、真ん中の四角い穴は納骨室の下にあたる土残しの部分です。お骨を土に還す場所です。

 

据え付け工事が始まります。お墓の左側から踏み石を据え、真ん中の踏み石を据え付ける前に接着剤をしっかりつけて準備しています。

 

外柵の壁石を吊り上げて据え付けていきます。印の穴は耐震用の止め金具であるアンカーのピンを打つために開けています。

 

外柵を据え付けています。石と石の設置面にはしっかりと接着剤を使用しています。

 

お墓右奥の外柵のコーナーです。L字の金具でしっかりと耐震施工します。真ん中が少しぽっこり膨らんでいますが、従来のL字のものより強度が増すというものです。新しい技術も積極的に取り入れています。

 

お墓右側にある墓誌の台座部分です。耐震ボンドとパッドを併用して、しっかりと設置していきます。

 

納骨室内部です。底の土の部分は先ほどの土残しの部分です。棚の上にお骨壷を納めます。7寸のお骨壷が6つ程度は納めることができ、広さも十分です。

 

完成です!

お墓本体や墓誌などの黒い石は、南アフリカ産インパラブルーという黒御影で、外柵や踏み石はインド産のアーバングレーという石を使用しています。
色合いもきれいで、配色もバランスの良いお墓に仕上がりました。

 

お石塔部分です。今回使用した南アフリカ産のインパラブルーという石は、青く輝く結晶が表面に見られ、宝石のようなきれいな石です。お客様もこの美しさを気に入られました。

お花はアサガオです。アサガオは花言葉が「愛情」や「固い絆」だそうで、これをとても気に入ってモチーフに選ばれました。「絆」という文字にぴったりですね!

 

納骨室の蓋石には、サンドブラストという技法で富士山を彫刻しました。亡くなられたご主人様が、ご自身で撮影された山中湖から望む富士山の写真をとても気に入っていらっしゃったそうで、ご夫婦にとって思い出深い一枚なのだそうです。そのお写真をお借りして、お墓正面のここに彫刻しました。「ありがとう」という言葉には、亡くなられたご主人様への感謝と、お墓にお参りに来てくださった方へのお礼が込められています。

 

墓誌の台座にはこんなかわいらしい彫刻もあります♪  きのこです^^ これもご主人様の思い出のひとつで、趣味できのこや山菜などを採りに行かれていたそうです。

お参りの際には自然と亡くなられたご主人様との思い出が思い出される、素敵であたたかいお墓になりました。

 

工事の様子などを見ていただこうと思っていたのですが、お客様は「納骨の当日まで見ない!」と完成をとても楽しみにしてくださっていました^^ 待ちに待った当日はとても喜んでくださって、ご満足いただけました。ご一緒にご相談に来てくださった息子様方もとても喜んでくださり、当日は私でなく妻がお手伝いさせていただいたのですが、集まったご親族の皆様と、「きのこの彫刻があるんだよ!」「どこにあるの?」と和やかに過ごされたそうです。

今回のお墓作りは、文字の彫刻をはじめ富士山のデサインなど、何度もお打ち合わせをさせていただきました。お手数をおかけしましたが、細部までこだわって丁寧に進めていったので愛着もひとしおですし、より良いお墓作りができたのではないかと思います。

ご主人様との思い出がたくさんつまったあたたかいお墓に仕上がったこと、ご一緒に素敵なお墓を作り上げることができたことを、私もとてもうれしく思います。そして、私にとっても思い出深いお仕事になりました。打ち合わせでは私だけでなく妻もとても良くしていただき、大変お世話になりました。思い出のつまったお墓を大切に、末永くお参りしていただけるとうれしいです。