お墓の文字色の入れ直しを行いました。甲府市寺院墓地

ホームページをご覧いただきありがとうございます。甲府市を中心にお墓のお仕事をさせていただいております、多田石材店の多田です。甲府市のお寺様墓地にて、お墓の文字色の入れ直しをさせていただきました!

 

甲府市寺院墓地 色入れ

 

以前当店でお墓を建てさせていただいたお客様のご親戚様から、お墓についてのご相談をいただきました。当初、「花立を直したい」というご連絡をいただいて工事をさせていただいたのですが、その後色々とお話を伺っていると、ほかにもお悩みの点があるご様子でした。

 

こちらがご相談いただいたお墓です。甲府市のお寺様にありました。お客様は、お墓の彫刻の文字色が取れてしまっていることが少し気になっておられるようでした。

 

こちらはお石塔正面です。ご家名の部分は黒色が入っていたようですが、ほとんど色が取れてしまっています。

 

背面も同様です。昭和58年、40年ほど経っているお墓なので、塗料が少しずつはがれてきてこのような状態になっています。

 

墓誌です。こちらも細かい文字が多いので、かなり読み取りづらくなっています。

 

墓前灯篭の台座には、「御霊前」と彫刻されています。こちらは朱色が取れていました。お墓全体の文字が読み取りづらくなっている状況に、花立の修理に追加して、色の入れ直しもさせていただくことになりました。お見積りを差し上げて工事を行いました。

 

色の入れ直しが完了しました。遠くからでも文字が見やすくなりました! 今回はお墓の取り外し等をせず、現地で入れ直しを行いました。

 

お墓正面です。ご家名の彫刻部分と、上部の家紋に色を入れ直しました。残った塗料をきれいに取り除き、筆を使って黒い塗料をきれいに入れました。

 

こちらも同様です。既存の塗料をできるだけきれいに取り除いて、朱色を入れました。

 

墓誌は額字部分にも色を入れています。たくさんあった仏様のお名前にも色を入れて、細かい文字も読み取りやすくなりました。

灯篭の前面です。こちらも同じように丁寧に入れ直しました。文字がくっきりすることで、全体的にスッキリしたような印象にもなります。

 

完成したお墓の様子には大変喜んでいただけて、事務所まで差し入れも持ってきてくださいました^^ ありがとうございます。今回、はじめの花立修理の際には特におっしゃっていなかったものの、その後お話した際に「実は・・・」とお話くださったことから、色の入れ直しもさせていただくことになりました。色入れについてはご応対から施工まで、すべて妻が担当させていただいたので、女性同士で話しやすかった点も大きかったのかなと思っています。ちょっとしたことですが、今後も気持ちよくお参りいただければ幸いです。お店の方にもどうぞまたお気軽にお立ち寄りくださいませ^^